ちしまのにわ

かんそうノートかんそうノート

2024.01.09 Tue

舞浜旅レポ -マーベルスペシャルルーム-

このたび、14年ぶりの凱旋(?)を果たしました。


どこへ?


ディズニーアンバサダーホテルです!!!


チックタックダイナーやシェフミッキーなどの利用はありましたが、宿泊は2009年の結婚式以来。
しかも今回はMARVELスペシャルルームのアイアンマン仕様のお部屋です。
泊まりたいなぁと思って金額を調べてはページをそっ閉じしていたので、まぁ8万円は無理ですねと思っていたのです。
しかし、友人から「泊まりたいんだけど…!」と声をかけていただき、一緒に宿泊することに!!
家族でいくと当然全額負担なので8万円!しかし友人と行けば2人で割って4万円!!ありがたみ〜〜〜〜〜〜!!!!!


こういったコラボルーム系は宿泊経験がなく、お部屋の装飾がソレになっていることがどれだけテンションに左右するのか半信半疑だったのですが今回は持ち帰り可能な特典が多く、
・まくらカバー
・ポストカード2枚
・オリジナルデザインのルームキー
・ルームキーのブックレット(紙製ホルダーのようなもの)
・ルームキーケース(11/1宿泊分からの追加特典)
・MARVELロゴのアメニティ(歯ブラシ・コップ・綿棒などが入った缶ケース)

と盛り沢山な内容でした。
とりわけ期待大だったのは11/1から追加になったルームキーケース!!


そんなわけでひとまず1日目はディズニーシーへ。
目的はまぁ、いろいろありました。
・ニューヨークデリでクリスマス限定のサンドをいただく
・ダフフレのクッキーサンドをいただく
・イマジニングザマジックのスライドジップケース確保
・タワーオブテラー見学ツアーへの参加(所要時間15分程度)
・トレミキ(あわよくばガーランドにサインをいただきたい)
・ビリーヴをフォートレスから鑑賞
結論から申し上げますとすべて達成いたしました!!!


ミッキーにサインをいただき写真を撮っていただき


イマジニングのスライドジップケースではスチパン衣装の御三方と最推しのグーフィーを見事引き当て


タワテラ見学ツアーで大好きなキューラインを久しぶりに見ることができ(乗れないので…)


フォートレスでビリーヴの場所取りをする際に出会ったキャストさんと「ミシカいいですよねぇ!!!」と興奮気味にお話しし


大変満足なシーでございました!


19:15からのビリーヴ観賞後、私は20:00スタートのBUCK-TICKの武道館グッズ会場受取予約でヒィヒィ言いながらカフェポルトフィーノに並び、無事グッズ予約を終えてのんびりパスタをいただきました。


カフェポルトフィーノって席数も多いし、夏も冬も快適で落ち着いてていいですよね。
たまにザンビも行きますが、空調が少し効きにくかったり店内が暗かったりするのでちょっと候補に入りにくいです。
食後、ちょうど閉園の時刻になったのでアンバサダーホテルへ移動しました。


まず、お部屋のドアがアークリアクター仕様に!
周辺のお部屋もアイアンマンルームだったので、そこらじゅうにアークリアクターがありました。


部屋の中にはインパクト大の壁!!!トニースタークがおる!!!


テーブルもアークリアクターデザインになっていて、個人的にはカーテンがとても可愛らしかったです。
アイアンマンらしい少し落ち着いた赤にリアクターのシンプルなイラストパターンのカーテンでした。


持参したちびアイアンマンも満足げ。


まくらカバーのサイズ感が想像の倍くらいありました。
まくら2つ分をまるっと覆うことができる大きさで、素材的にはタオルですね。
大きさ比較として後日撮影したものを置いておきます。


私は身長158cmという、おそらく日本人の成人女性的にはド標準のサイズなので、なんとなく大きさがわかっていただけるかな…?
もはやブランケットですかね、といった感じです。
端にスナップボタンがついているので、まくらをくるっと覆ってボタンでとめるイメージですね。
もちろん、もったいなくて使えなかったので袋のまま畳んで持ち帰りました。


そして期待していたルームキーケース、こちらはチェックイン後すぐに部屋で開封しましたが笑いが止まりませんでした。


とにかくずっしり重いのです。
思った以上に“本気”なのです。
しかもキャストさんに渡された際、「アタッシュケース付きです」と言われたのです。
「ルームキーケース付きです」ではなく「アタッシュケース付きです」。
オール金属で超ずっしり。帰宅後にはかってみたら468gもありました。鈍器です。


今回、やはり高いお金を出して利用するので、夜にただ寝るだけになることは避けたいなと思っていました。
なので、実は15時のチェックインですぐに入り、部屋の中でコーヒー飲みつつポップコーンを食べ、荷物の整理をして…という小休憩場所としても活躍していただきました。
宿泊者ならではの心の余裕。
そしてここで懐かしの再会を果たします。


お部屋のゴミ箱です。
14年前、結婚式を挙げた日に「ブーケどこに置いたらいいんだ…!?」となった私はこのゴミ箱に差したのです。
その時からゴミ箱変わってない。懐かしい。
ブーケのガワはまだ保管してありますよ。


これまでこういったお部屋を利用したことはなかったので、ちょっとどういうものか想像がつきませんでした。
やはりお値段がお値段のため「装飾が施されたお部屋に泊まるだけでこの金額は…!」と思っていた部分もあったのですが、持ち帰ることのできるアイテム数が豊富だったり、そのアイテムが凝っていたりすると金額についてはいくらか忘れることができますね。
特にキーケースの重厚さが想像以上で満足度は高かったです!


さて。
翌朝はシェフミッキーで朝食をとりました。
朝からミッキーさまが拝めるなんてこんな幸せなことありますか。
今回持参した「ぬいもーず」(ディズニーストア限定の着せ替え可能なぬいぐるみ)を見たミッキーのリアクションはこちらです。


部屋に戻りなんだか全然片付かない荷物をなんとか押し込め、いざランドへ!
この日の目玉はなんといっても初めて利用するショーレストランでした。
ダイヤモンドホースシューのバラマスこと「ザ・ダイヤモンド・バラエティマスター」!
予約時点では座席はわからず、入場前に引き換えたチケットを見て判明するシステム。
今回のお席は衝撃の


ステージ真横。


バミりが見えるよ…!!!!!!!


席につき、飲物を注文し、食事をいただき、そのうちショーが始まるといった流れですが、「とにかく時間がないので急いで食え」といろいろなところから聞き及んでおりました。
なので頑張って急いで食べました。


たくさん歩いた体にポテトやソーセージの塩分が染み渡る…


デザートのバニラアイスクリームのアップルパイ仕立てが本当に美味しいので、普通にその辺で売ってください。
どれもこれも非常に美味。もっとちゃんと味わって食べたいのに時間がないよ!!!
(このあたりはアンケートにも書いておきました)


ショーが始まると、キャラクターたちとの距離が近すぎて笑いが止まりません。


ピンスポの当たったドナルドにファンサされ


デイジーとハイタッチをし


ミニーの可愛さに取り乱すミニーTO(トップオタ)を目の前で浴びたり


私が頑張ってデザートを食べていたためファンサに一瞬気付かず、あとで叱り飛ばしにきたクララ・クラックさんに全力で謝る


そんな30分間でした!
バミりが見えるほど真横の席だったため、ステージ袖で待機しているホーレスなどもしっかり見える位置。
他のキャラクターがダンスしている時も、袖に控えるキャラクターはリアクションしていたりステップ踏んでいたりと、なんだかとても贅沢なお席でした。
たくさん絡まれますし、こちらもなるべくリアクションを返したいし、食べたいし、動画撮りたいし…で大忙しなので、終わった時には情報過多すぎてその場にうなだれて頭抱えました。
そして放心状態のまま「一旦カンベアいこ…カンベアいって落ち着こ…」と友人とうわごとのように呟き続け、そのままカンベアへ吸い込まれていきました。
バラマスはいいぞ!かなりおすすめです。食事も本当に美味しいし。また行きたい!


そのほか、ハモカラもしっかりポジ取りして見ましたし、ミニスタへも行きましたし、ビッグサンダーやアスブラにも乗りましたし、念願のガンボスープもいただいて、大満足でした。


…と、なかばオタクの早口のように駆け足気味に書いてしまいましたが、やっぱりお泊まりパークっていいものですね…
やっぱり楽しいな…
パークまで電車で1時間かからないくらい?乗り換えも1回でかなり行きやすい場所に住んでいるので泊まる必要性があまりないのですが、何年かに一度はお泊まりパークいいなと思いました。
そしてやっぱり私はパーク大好きだな。おしまい。


 PREV

一覧へもどる

NEXT 

#そのほか のほかの記事

2022.09.07 Wed
舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』
2021.08.06 Fri
儚い羊たちの祝宴