BLOG - from XMACARON.COM

2018/05/19 23:42:59

PASSPO☆

 

昨晩、突然姉から着信がありました。
開口一番、「PASSPO☆のラインブログは見たか」。
え?見てなーい、と返すと「今すぐツイッターを開け!!」。
この時点で心がざわつきました。
ざわざわして血の気が引くようでした。
そして目に入ったのは、「PASSPO☆に関しての大切なお知らせ」。

モーニング娘。のいわゆるプラチナ期あたりで
女子アイドルの世界にどっぷりハマり、それからこれまで約12年。
こういったタイトルのブログや公式のニュースを沢山見てきました。
メンバーの急病による公演欠席、療養、活動休止、そして解散。
この類のタイトルは良いニュースを連想しません。
このタイトルだけで、「え、うそでしょ、なになに、やだやめて」と動揺しました。
開いてみたら、そこにあったのは「解散」という言葉でした。

私がPASSPO☆に出会ったのは2010年。
友達(フォトグラファー)からの電話がきっかけでした。
「なっちゃん(竹中先生)が担当してるアイドルちゃんが
シングル発売するんだけど、ミニ写真集を付けるんだって。
くろちゃん、デザインやってみない?」
竹中先生こと、なっちゃんとはそれより前に知り合っていました。
ふたりは私がアイドル好きである事を既に知っていて、
声をかけてくれたのだと思います。
断る理由はありませんでした。
すぐに顔合わせや打ち合わせが始まるから、失礼のないようにメンバーの顔と名前を覚えなきゃ!!と考え、
公式サイトのプロフィール画像をプリントアウトして裏に名前を書き、
夫に「この子は!はい、この子は!」と次々に出してもらって
「森詩織ちゃん!!もりし!黄色!」とかクイズ形式で覚えました。笑
初めて会った時はそのパワーに圧倒され、
女子校に放り投げられたみたいな感覚でした。笑笑

私が担当させていただいたのは、インディーズ1stシングル「Let it Go!!」の個人バージョン。
2ndシングル「ハレルヤ/夏空ダッシュ」の3形態。
撮影の日のこともよく覚えてます。
集合場所でもりしが「食べますー?」ってもりしママのお手製クッキーをくれたこととか!

Let it Go!!の個人バージョンはライブ会場限定の販売で、
発売日にmorph TOKYOへ行って、
パッセンのみんなが買ってくれた様子をドキドキして見ていました。

思い出せば思い出すほどまとまらなくなっちゃうけど、
初めてフライト(ライブ)を見た時からとにかく、彼女たちが好きになっていました。
からっと明るい、太陽みたいなグループ。
最初は仕事で出会ったのに、彼女たちの明るさに、そして楽曲に沢山助けられてきました。
4年前、勤めていた会社で部署の廃止を言い渡されました。
部署内の大半はリストラにあいました。
嘘みたいなそんな状況で、毎朝徒歩通勤だった私は自然とPASSPO☆の「Perfect Sky」を聴いていて。
寂しいし悲しいけど、この先が怖いけど、
「そのままだって飛べる」「まだ”途中”」
そんな言葉に救われました。
朝にPASSPO☆の曲を聴くとほんとに元気が出るんですよね!
憂鬱な気分を何度もリセットしてくれました。
前の会社にいた時は上司と他部署の方と3人で公演見に行って、
そこで2人ともドカンとハマってくれたりもして。
個人的にリリイベも行ったし、娘と一緒に見たりもしたし。
TIFのメインステージも行きました。

ここ数年はPASSPO☆とパッセンジャーがつくる空気が一段と暖かくなっていて、
フライトラストの「PASSPO☆とー!\パッセンジャーでした/!!!」が大好きでした。
こんなにあったかいファン他にいるかなぁ〜!?ってくらい、
なんだか友達みたいな雰囲気で支えている、凄く素敵な関係だな、と思っていました。

今回、解散、となって。
「おばあちゃんになってもPASSPO☆」
クルーからよく聞いた言葉のひとつです。
私も姉も、「だれか結婚しないかなぁ〜そんで産休とか入ってさ、
30代のPASSPO☆とか超楽しみじゃない?」って。
どんな風になるんだろう、今よりもっと楽しくなる。
そんな風に考えてました。
きっとそれは、クルーも同じだったのではと思います。
いつも、パッセンジャーを不安にさせないようにと
前へ前へ引っ張り続けてくれた彼女たち。
そんな彼女たちだから、私もPASSPO☆の未来を楽しみにしていて
そして「PASSPO☆はずっと在るもの」と思っていました。
ずっとずっと、私たちファンに未来を信じさせてくれていました。
だから今回の決断については、裏切られただとか、そういう気持ちは一切ありません。
個々の人生があって、思いがけず未来は変わるもの。
誰が悪いとか、そういう事ではなく。
来るべき時に、行くべき道へ進んでいくのはだれでも同じこと。
だから私は、その時その時を精一杯やってきて
常に未来を信じさせてくれていたPASSPO☆に感謝します。

昨晩、Let it Go!!を聴いて、最初はフンフン歌っていたけれど
Bメロ入る前には涙がだはだばと溢れて止まらなくなっていました。
悲しい、寂しい、そういう感情ではなくて
よく分からないけど全然止まりませんでした。
そのあとも、ハレルヤで泣いてWith XXXXで泣いて。
ほんっとに分からないんです。
分からないんだけど、止まらなかった。

正直、まだ信じられません。
今朝起きて、「あ、そうだ…PASSPO☆…」ってぽかんとしてしまって。
まだ頭の中はぽかんとしてるけど、ラストフライト、見届けなきゃ。
(しかしソールドアウトしてた…号泣)

鶯谷のフライト行きたいな!!!
スケジュールとにらめっこしよう。

知ってたけど、やっぱり私はPASSPO☆が大好きでした。
もちろんこの先もそれは変わらないけど。
女子アイドルのヲタクとして、いつも思っていること。
それはそれぞれが幸せになってほしいということ。
PASSPO☆のみんなも例外ではありません。
残りの数ヶ月、全力で走り抜けていくんだろうな。
みんなの未来が、幸せでありますように。