BLOG - from XMACARON.COM

2017/10/12 1:29:37

天使像

 

「怖い絵展」でとある絵に一目惚れしました!!!
スクリーンショット 2017-10-12 1.09.59
ギュスターヴ・モローの「ソドムの天使」

ヒトが神の怒りを買い、その神によって遣わされた天使はソドムに硫黄の雨を降らせ、
街を壊滅させた様子の絵画です。

ストーリーもなかなかですが、
私はこの「天使像」が非常にツボでした。
なんとな〜く、「天使はヒトに優しいもの。助けてくれるもの。報い」のような
イメージが生ぬるく存在していますが、
ここに描かれる天使は決して優しいわけではなくて
「清さゆえの冷徹さ・恐ろしさ」があるなぁと強く感じたからです。
神の使いとして、正義や清浄化のためならヒトを葬ることも
街を壊滅させることも厭わない。
立場によっては悪魔にも見えるとても恐ろしい存在。

そんな天使像が恐ろしくも美しいなぁと。

庵野秀明監督の特撮ショートフィルム「巨神兵東京に現る」で
ナウシカの火の七日間のはじまり?が描かれていますが、
この「ソドムの天使」は巨神兵の姿とダブったんですよね。
それならば巨神兵は天使にも見える…。

普段、ポストカードってあまり買わないのですが
ソドムの天使は美しくてつい購入してしまいました。
はぁ。すき。