BLOG - from XMACARON.COM

2016/07/26 2:44:56

にねん。

 

色々と書きたいこと(DGS EXPOとか!)はあるんですけれど
とりあえず、2年経ったなぁということで。

何から2年なのよ、て感じですが
「辞めました」から2年なんですね。

私が居た部署は12名が所属していました。
2年前の部署解体時に私含む、6人がさよ〜なら〜しまして、
そこから異動やれ何やれあって(この辺りはちょくちょく元上司から聞いていた)
2年経った今、会社に残っているのはたった1人になってしまったのですねぇ。

私が属していた部署については周りの部署から冷ややかな目で見られることも多々あり、
その辺をボスであった部長が守ってくださっていたのですが
そのボスももう居ない。
しかも何だか、色々あったようであまりいい空気でのお別れとはいかなかったみたいでした。

それも仕方がない、
きっと状況をもっと細かく知っていれば「しゃーなし、やむなし」と思うのでしょうし
特に否定する気も毛頭ないのですが、
私自身は何とも言えぬ、物悲しさが残ってしまいました。

というのも、働いていた私はあの場所がとても好きだったからなんですね。
ボスが居て、周りに10人の仲間たち(もちろん殆どの方が年上だけどこの表現がしっくりくるので。。)が居て、
そこで自分がやるべき事を一生懸命にやっていた。
できることをしっかりやろうと思って仕事していた。
けれど跡形もなくなってしまった今は、
ボスに対する冷ややかな話も聞こえてきたりしました。
その中にいた時は気付かない事も、お外に出れば気付く事があります。
そんな感じ。

しかし、そこで自分なりにやってきたのにも関わらず
そのボスが否定されるという事は、私が居たその部署の存在自体も
否定される事になるなとぼんや〜り思ったのです。
(推測だけれど多分気付かないだけで当時も他部署から否定されていたと思う)

それでは物凄く寂しいし、あまりにも悲しい。
誰も責める気もないし、そもそも責める相手いるんかな(いや居ないな)って感じますが
ただ、自分が居た場所は否定したくないなと思いました。
仕事していて楽しかったその時間はそのまま、大事にとっておこうと思いました。

まじめか(・∀・)